損切りとは|FX用語集

FX用語集

GMOクリック証券
DMM FX

損切りとは?

損切りとは「保持ポジションの損失が大きくなり、その損失を最小限に留めるために損失覚悟でポジションを決済すること」をいい、「ストップロス」とも呼ばれます。
損失が発生した赤字の状態で決済することになるので躊躇してしまいがちですが、早めに損切りを行うことで、より大きな損失になるかもしれない事態を未然に防いだと捉えることもできます。

 

多くのトレーダーはこの損切りが苦手です。
ボタン一つで損失を確定させるんですから、躊躇してしまうのは当然かと思います。
しかし、稼いでいるトレーダーは損切りをしっかり行うことができるのです。

 

どうしても難しいという人は、自分の思惑よりも損失が大きくなった場合にしっかり決済を行ってくれる「逆指値注文(ストップロスオーダー)」を使ってみてください。
「ちょっと待ってよどうしよう・・・」と思いながら損失が少しずつ大きくなっていく所をただ見つめている。なんてことはなくなります。
指定したタイミングより損失が大きくなった瞬間に決済されます。あっという間ですw

 

でもこういった一瞬の決断がFXには重要になってきます。
もう少ししたら・・・?なんて悠長に考えている暇はありません。
それよりも、損失は最小限に留めることに集中して、損切りすることになってもすぐに次の取引に切り替えていきましょう!

 

 

損切りは、相場に噛り付いている時だけのものではありません。
相場は24時間変動し続けています。
大きな変動が起きた場合に、気づいたら損失がすごいことになってる!!なんてことも十分にあり得ます。
常に突然の変動に備えて、危機管理のための損切りも重要になってきます。
どんなときでも瞬時に対応できるように、損切りルールはしっかりと事前に作っておきましょう!
「利大損小」が大事です!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ