証拠金とは|FX用語集

FX用語集

GMOクリック証券
DMM FX

証拠金とは?

FXは「外国為替証拠金取引」 という名前のとおり、証拠金を使って取引を行います。
普通、私たちは商品を売買するときは、その商品と同額のお金で売り買いします。
外貨預金も同じ仕組みで、日本円を支払って米ドルの現物を購入するという流れになります。

 

しかしFXの取引で必要となってくるのは、「取引するための証拠金」です。
証拠金は取引金額の数%〜数十%といった金額があれば取引が可能となります。
FXではこういった証拠金取引により少ない金額で取引は可能になりますが、
損失が増えて一定額まで証拠金が減少すると「ロスカット」と呼ばれる強制決済になってしまうので注意が必要です。

証拠金の種類

証拠金にはいろいろな種類があり、FX業者によって呼び方も異なります。

 

 

「初回最低入金額」、「初回預かり証拠金」など
⇒ 新規で口座開設をして最初入金する時に必要な証拠金。 

 

「受入証拠金」「預り取引証拠金」など
⇒ FX業者に預けている証拠金の金額。

 

「必要証拠金」「最低証拠金」「維持保証金」など
⇒ ポジションを持つとき、維持するときに必要な証拠金。

 

「取引保証金」「使用可能証拠金」
⇒ 新たな取引を行うのに必要な証拠金。

 

「有効証拠金」
⇒ FX会社の預り取引証拠金に現在の評価損益を加減した金額のこと

 

証拠金率とは

「証拠金率」とは、取引のときに必要となる証拠金が、取引金額の何%必要かを表した割合のこと。
例えば、証拠金率が10%で100万円の取引を行おうとすると、100万円の10%、すなわち10万円が必要となります。

 

0.1 × 100万 = 10万円
(証拠金率10%)

証拠金記事一覧

証拠金が小さい会社

証拠金が小さいおすすめのFX会社を紹介します。法人化する事でレバレッジを上げることができ、証拠金を小さくすることができる会社を紹介します。-->取引単位を少なくトレード出来る会社で取引をすれば証拠金を小さくできます。1通貨単位では米ドル/円が約4円の証拠金で取引出来ます。⇒1通貨の取引単位で人気のF...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ