フィボナッチ|FX用語集

FX用語集

GMOクリック証券
DMM FX

 

 

 

フィボナッチ(ふぃぼなっち)

フィボナッチとはFXや株などで用いられるテクニカル分析の一つのことを指す。

 

黄金比とも呼ばれる【0.618】と1-0.618=【0.382】という数字が相場の反転ポイントなどになる。

 

 

例えばドル円相場が100円から110円に値上がりした後、価格は上げどまり下げ始める。

 

下げ止まりポイントとして10円の上げ幅から【0.618】と【0.382】の価格が反転ポイントとして注目される
10×0.618=6.18
10×0.382=3.82

 

つまり「106.18」円と「103.82」円が反転ポイントとして注目される
反転ポイントとしては半値の「105」円も注目される。

 

 

フィボナッチという人が編み出したフィボナッチ数列からこの名前がついた。

 

 

 

 

 

 

▲ページTOPへ

【は】から始まるFX用語集


ホーム RSS購読 サイトマップ