スプレッドとは|FX用語集

FX用語集

GMOクリック証券
DMM FX

スプレッドとは?

スプレッド(spread)とは「広がり」という意味です。
FXでは「差額」と訳するほうがわかりやすいかもしれません。

 

スプレッドとは買値と売値の差のことを指します。
毎回取引するときにかかる手数料のようなものなので、スプレッドが狭いほうが手数料が少ないということで有利に取引できます!

 

以下はGMOクリック証券の場合ですが
スプレッド
米ドル/円のスプレッドは0.3銭(原則固定)
ユーロ/円のスプレッドは0.5銭(原則固定)
英ポンド/円のスプレッドは1.0銭(原則固定)
となっています。

 

米ドル/円のトレードを行う場合
・1ドル買いたいときは107.641円
・1ドル売りたいときは107.638円
になるということです。

 

買値と売値に差をつけることで、証券会社はこの差分を利益としています。

 

スプレッドは小さな値ですが、1万通貨単位でトレードする場合は
0.3銭×10000=30円
が毎回手数料のようにかかってきます。

 

スプレッドも各会社によって異なります。
私たちトレーダーにとってスプレッドは狭いほうが有利です。
ちなみに今回紹介したGMOクリック証券のスプレッドは業界でもかなり狭いほうでおすすめの証券会社です。

 

スプレッドが狭いFX会社を比較

スプレッド記事一覧

スプレッドが狭い会社

スプレッドの狭いお勧めの会社を紹介します。スプレッドが狭く、なおかつ安心して利用できる会社です。SBIFXトレード現在当サイト調べで最もスプレッドが狭い!業界初の小数点以下4桁までレート表示で収益アップの機会増加約4円から取引できる1通貨単位からの取引可能!初心者の方にもオススメの会社です。DMM ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ