1通貨単位│FX用語集

FX用語集

GMOクリック証券
DMM FX

 

 

1通貨単位(いちつうかたんい)

FXで1通貨単位で取引可能とは、対ドルでは1ドルから、対ユーロでは1ユーロから取引が可能になることを指す。
今までは1万通貨単位での取引が主流で、1通貨単位で取引できるところは無かったが最近1000通貨単位や100通貨単位、ついに1通貨単位での取引が可能になった。

 

1万通貨単位での取引では1万ドル(1ドル=100円計算で100万円)の金額を取引しなければならなかったが、1通貨単位では1ドル(100円)での取引が可能。
さらにレバレッジ25倍を使えば4円から取引ができることになる。
取引の幅が広がることトレーダーには有利になる。

 

また1通貨単位のメリットとして初心者がいきなり万単位の金額で勝負しなければならない1万通貨単位とは違い、少額でFXを始められることである。
FXで退場しないためにも、最初は少額で初めて徐々に勝率を上げて金額を増やしていけるのが理想。
デモトレードでは味わえない、実際のお金を取引することで相場観やFX力がつくので、初心者の方にはお勧めしたい。

 

1通貨単位で取引できるFX会社

 

 

関連用語
100通貨単位
1000通貨単位
1万通貨単位
取引単位
レバレッジ

 

▲ページTOPへ

【あ行】 FX基本用語集


ホーム RSS購読 サイトマップ